【チャバネ】ゴキブリは冬を越せるの?【クロゴキブリ】

当サイトではプロモーションを利用しています。
ゴキブリ ゴキブリ

ゴキブリは寒さに弱いため、冬を越すことが難しいですが、環境や種類によっては冬を越すことが可能です。

特に、チャバネゴキブリとクロゴキブリでは、その越冬能力に違いがあります。

 

関連記事

ゴキブリの予防策や対策のトピック・記事一覧




チャバネゴキブリ (Blattella germanica)

特徴

  • 体長: 約10-15mm
  • : 薄茶色で、背に2本の黒い縦線があるのが特徴

冬を越す能力

チャバネゴキブリは寒さに非常に弱いですが、彼らの生態には以下のような冬を越すための特徴があります。

  1. 屋内での生活
    • チャバネゴキブリは主に屋内で生活するため、冬でも比較的暖かい環境に身を置くことができます。暖房が効いた室内や電化製品の内部など、一定の温度が保たれる場所に隠れて過ごします。
  2. 繁殖の継続
    • チャバネゴキブリは一年を通じて繁殖を続けることができます。温暖な室内環境では、冬でも産卵と孵化が行われ、新たな世代が生まれます。
  3. 隠れ場所の選択
    • 彼らは非常に狭い隙間や暖かい場所に潜むことが得意です。例えば、キッチンの隙間や家電の裏など、人間の目が届きにくい場所に隠れて冬を越します。

クロゴキブリ (Periplaneta fuliginosa)

特徴

  • 体長: 約25-30mm
  • : 黒褐色で光沢がある

冬を越す能力

クロゴキブリも寒さに弱いですが、チャバネゴキブリとは異なる生態を持っています。

  1. 屋外での生活
    • クロゴキブリは主に屋外で生活することが多く、温暖な気候を好みます。冬の寒さが厳しい地域では、屋内に移動することがありますが、基本的には屋外での生活を続けます。
  2. 冬眠状態
    • クロゴキブリは寒い冬を乗り越えるために、冬眠のような休眠状態に入ります。地面の深い隙間や堆積した落ち葉、建物の基礎部分など、比較的温かい場所で冬を越すことがあります。この休眠状態では、活動をほとんど停止し、春が来るまでエネルギーを節約します。
  3. 冬の間の活動抑制
    • 冬の間は活動が著しく抑制され、食物を探すための移動も最小限に抑えられます。これにより、エネルギーの消費を抑え、厳しい環境を乗り切ります。

まとめ

チャバネゴキブリとクロゴキブリは、それぞれ異なる方法で冬を越します。

  • チャバネゴキブリ: 主に屋内で暖かい環境を見つけて越冬します。温暖な室内で一年中繁殖が可能です。
  • クロゴキブリ: 屋外で生活することが多く、冬の寒さを避けて休眠状態に入り、春の訪れを待ちます。

両者ともに寒さに弱いものの、それぞれの生態に適応した方法で冬を乗り越えることができます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました