【キモすぎ】チャバネゴキブリとクロゴキブリの違いは?【色が違う】

当サイトではプロモーションを利用しています。
ゴキブリ ゴキブリ

チャバネゴキブリとクロゴキブリは、どちらも一般的なゴキブリの種類ですが、いくつかの違いや特徴があります。

以下にそれぞれの違いや特徴、見分け方を説明します。

 

チャバネゴキブリ(Blattella germanica):

  1. 体色と模様: チャバネゴキブリは淡い茶色から黄褐色の体色をしており、頭部には暗色の模様があります。
  2. 体の形状: 体はやや平らで細長く、頭部は比較的小さく、先端が尖っています。
  3. 大きさ: 成虫の大きさは約1.3〜1.6cm程度で、比較的小型のゴキブリです。
  4. 翅の長さ: 背中に翅を持ち、成虫の翅の長さは体長を覆うか、やや短い程度です。
  5. 生息地: 主に暖かい地域や建物の室内に生息し、食品などを好んで捜索します。

クロゴキブリ(Periplaneta americana):

  1. 体色と模様: クロゴキブリは暗褐色から黒色の体色をしており、全体的に光沢があります。成虫の個体によっては翅や体の模様が見られることもあります。
  2. 体の形状: 体は大きくて丸みを帯びており、頭部も大きくて平たい形状です。
  3. 大きさ: 成虫の大きさは約3〜4cm程度で、一般的なゴキブリよりもやや大型です。
  4. 翅の長さ: 背中に翅を持ち、成虫の翅は体の後半を覆う程度の長さです。
  5. 生息地: 主に暖かい地域や建物の室内に生息し、湿度の高い場所を好みます。屋外でも生息し、ごみや汚れの周囲にも見られることがあります。

 

見分け方のポイントとしては、体色や大きさ、体の形状、模様、翅の長さなどを注意深く観察することが重要です。

ただし、専門的な知識がない場合、正確な識別は難しいこともあります。ゴキブリの駆除や対策を行う際には、専門家や害虫駆除業者の協力を得ることをおすすめします。




コメント

タイトルとURLをコピーしました