【Amazon】電脳せどりってオワコンなの?【メルカリ】

当サイトではプロモーションを利用しています。
インターネット オワコン

「電脳せどり」(オンライン転売)についても一概にオワコンとは言い難いですが、いくつかの要因によって需要や人気が変動することがあります。

以下に電脳せどりがオワコンとされる場合の一般的な原因をいくつか示します。

 

競争の激化:
オンライン転売は多くの人によって行われるため、特に人気のある商品や市場では競争が激化し、利益率が下がることがあります。

価格の透明化:
オンラインで商品を調べることが簡単なため、価格情報が透明化されやすくなります。これによって、価格競争が激化し、利益が減少する可能性があります。

プラットフォームの制約:
オンラインプラットフォーム(例:Amazon、ヤフオクなど)が販売者に対して制約を強化することがあるため、せどりが難しくなることがあります。販売制限や手数料の増加などが影響する場合があります。

コンプライアンスの強化:
オンライン転売においても法律や規制に適合する必要があり、そのコンプライアンスを守ることが重要です。規制の変更や厳格化によって、転売が難しくなる可能性があります。

ブランドからの制限:
一部のブランドはオンラインでの転売を制限したり、許可制にすることがあります。これによって特定の商品やブランドの取り扱いが難しくなることがあります。

 

ただし、電脳せどりの成功には適切な商品の選定、価格競争の回避、プラットフォームのルールに従った販売、信頼性の維持などが重要です。

オワコンになるかどうかは、具体的な実践方法や市場の状況によって異なるため、一概に判断することは難しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました